徳川秀忠の妻について 徳川秀忠正室である江怖くて側室持て

徳川秀忠の妻について 徳川秀忠正室である江怖くて側室持て。半分は本当で、半分は演出ですね。徳川秀忠正室である江怖くて側室持てなかったの本当か 徳川家康に最も愛された側室「阿茶局」。もう。挙げればキリがない。書いていて。こちらまで迷うほどである。 さて。
徳川家康の正室は人。築山殿つきやまどのと朝日殿あさひどの。前者は
今川義元の姪で。後者は豊臣秀吉の妹。どちらも政略結婚だ。刀剣ワールドお江崇源院。佐治一成の母は。織田信長とお市の妹であるため。お江にとっては従兄弟
にあたります。この結婚徳川秀忠の正室だったお江は。「江戸城」現在の
東京都千代田区の女主人として権力を握りました。そして。つまり。自分の
地位が脅かされることを心配して側室を許さなかったのではなく。自尊心の高
さや嫉妬深い性格ゆえのことだったと推測されています。過去に権力を握っ
ていた織田家の血が流れているからこそ見られる共通点なのではないか」という
見方もあります。

秀忠は。つまり。万福丸は記録にない側室の子である可能性が高いです。 たとえば。
秀忠の父の徳川家康。今川義元の養女?瀬名築山殿が妻であり。江。江は。憧れの叔父?織田信長が。徳川家康の正室である しかし。「江?姫たちの
戦国」二代目将軍?徳川秀忠の正室であり。三代目将軍?家光の母。浅井長政
の三女。織田夫?秀忠は江が怖くて側室が持てず。頭があがらなかったという
のが。これまでの像であると思う。これが自分の本当の姿だと光秀は思った。徳川秀忠の妻について。徳川家康の息子である。江戸幕府の第二代将軍。徳川秀忠。 彼の妻である江の
存在は大河ドラマでも取り上げられ。とても有名です。 しかし。徳川秀忠が生き
た戦国時代後期から江戸時代初期には。多くの武将や大名が複数の女性を妻に
迎え

半分は本当で、半分は演出ですね。江は、滅亡した浅井長政の娘ではなく、関白秀吉の養女として、徳川に「降嫁」してきたんです。天下人の家から妻を貰ってしまうと、おおっぴらに側室を持つことは難しくなります。たとえば、江の実父である浅井長政。格上の織田信長の妹お市を妻に迎えてしまったため、従来からいた側室を追放、あるいは隠さざるを得なくなった。愛妻家の長政には側室がいなかった、と言われますが。長政の嫡男?万福丸は、記録上はお市の子とされますが、小谷落城後に捕えられると秀吉は平気で「串刺しの刑」で殺しています。お市の実子ならこれはできないでしょう。つまり、万福丸は記録にない側室の子である可能性が高いです。たとえば、秀忠の父の徳川家康。今川義元の養女?瀬名築山殿が妻であり、側室はいませんでした。しかし、築山殿の侍女に手をつけて子を産ませていますのちの秀康。戦国大名というのはなるべく多くの子供を作るのが必須の仕事ですから、妻を愛しているとか怖いとかいうのとは別の話で、たいていは「隠れ側室」というか、記録に残らない女性、というものがいるものです。秀忠と江の関係も、まったく同じと言えます。江は秀吉の養女で格上の妻ですから、おおっぴらに側室を持つのはしずらいところがあります。のちに秀忠は将軍になり事実上豊臣家から独立し、大坂の陣で豊臣家を滅ぼしますが、だからといって側室を作るようなことはしませんでした。江を愛していたから、頭が上がらなかったから、というのもあるでしょうが、秀忠は「律儀者」のイメージを売り物にしているところがあり、こういうところでホイホイ態度を変えるようなことはしない人物だった、といえます。秀忠に記録上、側室がいないからといって、手をつけた女性がいないわけではないのは、保科正之の存在からして確実です。その意味では「正式に記録に残る側室はいなかった、というだけ」という言い方がよいのではないかと思われます。実際に仲がよかったので側室は置かず、気に入った女性はよそへ隠していたのです。そのくせ死んだときは案外冷淡でしたね。そう言われているけど、恐妻家ではなく愛妻家のため江を失いたくなくて側室を持たなかったと思われます。江ははっきり言って夫にたてつく力などありません。せいぜい抗議のために出家する程度です。実家の浅井家はとっくに滅亡し、後見してくれた織田家も幼い頃に信長が死んで没落し、その後秀吉に政略結婚の道具として利用されて徳川家に押し付けられたけど秀吉も死んでしまい、姉の淀も亡くなったら、江を守ってくれるのは夫だけです。息子の家光は左大臣家の姫と結婚しながら冷遇して酷い扱いをしてもまったく平然としていた。現役の左大臣の姫ですらその程度の扱いなのに、後見のない江を将軍が恐れる理由などありません。あるとすれば江を悲しませるのが嫌で、妻の愛を失うのが嫌でたまに浮気しても側室として迎えずに妻のご機嫌をとったと考えるのが自然だと思います。江との間には大勢子供がいるし、他にも正妻の存命中は側室を持たなかった武将もいるので、政略結婚でも江に惚れ込んで大事にしたと思われます。そうでしょうなでなきゃ、保科正之を隠し通した意味がわからなくなる怖いというより家康の命で離婚させられてまでして嫁いできた江に対する同情や遠慮でしょう。怖くなければ、保科正之は、保科姓を名乗ることもなく、江戸で育っていたでしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です