原監督の人的補償撤廃案 FA人的保障おかい思いませんか

原監督の人的補償撤廃案 FA人的保障おかい思いませんか。MLBには確かにFAの選手が移籍しても、旧所属球団に人的はおろか、金銭の補償もありません。FA人的保障おかい思いませんか プロ野球人的補償の仕組みを徹底解剖。プロ野球のオフシーズンによく聞く人的補償の定義からプロテクトやランクなど
細かい仕組みまで徹底解説しています。プロ野球には専門用語やルールが多く
。人的補償という言葉を聞いたことがあっても細かい仕組みまで知っている人は
少ないと思います。さきほど話した通り。移籍される球団側からするとC
ランクの選手が移籍すると人的補償がないので戦力的に大きな痛手人的補償
で出された選手が元所属球団と対戦すると熱く燃え上がりませんか?梶谷隆幸の巨人入りで人的補償は。今年はどの選手が人的補償の対象になりそうか。野球担当記者が話す。 「で
巨人にやってきたものの。活躍できていない野上亮磨や陽岱鋼は厳しい立場で
しょう。また。移籍組の石川慎吾や立岡宗一郎も。梶谷の加入を

原監督の「人的補償」撤廃案。原監督は。フリーエージェントに伴う人的補償に関して
言及した。まずは。ランクの選手を獲得できる人数を制限し。の結果を
受けて翌年のドラフトに何かしら反映させるなどの処置が必要だと思います。
もしくは金銭補償の改善です。ただ単に人的補償を撤廃するだけでは活性化に
つながると思えませんし。他球団の賛同を得られるかどうか疑問です」高木勇人が語る人的補償。人的補償の男たち6 第5回を読む>>高木勇人巨人→西武 「移籍を経験
してよかったというか。『これが自分の道だったんだろうな』と思います」
年はスポーツ界にとって試練の年だった。コロナ禍で行動が

MLBには確かにFAの選手が移籍しても、旧所属球団に人的はおろか、金銭の補償もありません。ただ、NPBとはFAの制度、考え方などが根本的に違います。NPBのFA制度に、さまざまな問題があると考える人はいて当然です。人的補償の有無だけが問題だとも思いません。FA宣言しただけで、ファンが「裏切り者」呼ばわりするようなこともあります。宣言なしでも自動的にFAになり、人的も金銭も補償なしで移籍可能という制度を提唱する人もいます。嫌ならFA補強なんてしなけりゃいいじゃん。むしろ巨人や楽天みたいなろくに育成もできない球団がドラフトに参加することがおかしい思う。FA選手を失う側はチームの年俸上位10位以上の中心選手を失うというのに28人プロテクト+該当年のドラフト指名選手+外国人+育成選手が獲得不可では補償として不十分すぎる。Aランクなら同等程度のチーム年俸上位3選手、Bランクなら同4~10位の選手はプロテクト不可、該当年のドラフト指名選手正式契約前ならその交渉権も獲得可能にするべき。若しくは翌年のドラフト指名権譲渡一応言っとくけどこちらが本命案だよ。超主力か超有望株じゃないと補償として釣り合わない。代わりに金銭補償は撤廃。そうすれば金銭的に優位な球団以外にもFA選手獲得に乗り出すチャンスが増えるし、選手側もこれまで補償に使われていた金額が報酬に上乗せされる可能性がある。今のくそ偏った欠陥FA制度の利を甘受している金持ち球団以外は利が出るし、金持ち球団も平等になるだけであって、報酬を高く出せるという有利は変わらない少し有利度が減る程度んだからそっちに移行するべき。支配下登録できる選手は70名までなので、極端に言えば、ドラフトで選手を獲得するのと同じで、FAで一人とれば、一人は確実に解雇されます。また、枠に余裕があり、解雇されないまでも、一軍登録メンバーから、確実に1名はじき出されますし、ポジションは奪われます。よく、人的補償を悲劇的にとらえる人がいますが、人的補償で他球団に乞われていく選手は、確実に、在籍していた球団よりチャンスを得られ、飛躍するチャンスになると思います。同じポジションにFAの大物選手が入ったせいで、飼い殺しにされて、翌年自由契約といった形で放り出されるよりは、はるかにましな制度ではないでしょうか。むしろ、人的補償は、FAで来た選手の犠牲にならない、救済的意味合いの方が強いと思います。それに、本当に選手に不評な制度なら、選手会が反対していると思います。その補償制度のせいでFA権に対して消極的に考えるところがあるのは選手も球団もおなじ。そのため今年度は91名もFA権を持っていながら、実際に行使したのは5名のみの有名無実化した制度になっている。大前提として、選手は球団やファンの奴隷ではない。子供の頃はどこか憧れた球団、憧れた選手があって野球を始め、そしてプロまで登り詰めたのがプロ野球選手。その夢の最後の最後に、好きな球団に入れないとしたら悲劇でしかない。挙げ句に謂れの無い批判を受けたり、自分のために誰かが犠牲になって補償として移籍したり。こんな職業に夢なんて持てないですよね。■プロスポーツは、ファンが居て成り立っています。 選手が自由に球団を選択できれば、当然、一流選手 の年俸は高騰するし、金持ち球団に戦力が偏り過ぎ てしまう。 一方のチームが勝って当たり前って??? ファンからしたら、面白味に掛けますよね。 ファンが減り???収入が減り??? 潰れる球団も??? そのプロスポーツ自体も???? 選手に取ってもマイナスですよね。 しかし、選手に球団を選択する自由が無ければ、 不当に安い給料で働かされる可能性がある。■それらの問題を解消するために、ドラフトとFA制度 が有ると思います。 FAの人的補償は、戦力の均一化に効果があるけど 1軍で常時出場できない選手の救済措置にもなるんで、 私は賛成ですね。 一岡なんて、広島に行かなきゃ、未だに2軍だったか も知れない。プロ野球にとって選手は人ではありませんファンを楽しませ球団を儲けさせるための物にしか過ぎませんなのでドラフトで入団する球団を縛り球団に強い保有権がある球団がトレードでどこかに行けと言ったらそれに従うしかないそう考えれば人的保障もそんなものだと思いませんか?だったら抜けた人の穴埋めはどうするのですか?ちっともおかしくないですよ!

  • 即日出荷OK ゴシック系やV系に合うカラコンって何色です
  • Google ネットで調べて写真だけは出てくるんですけど
  • ドコモ口座 メルカリってみちのく銀行と連携できなくなった
  • 二次不等式 二次不等式-x^2+2mx-m-6>0の解が
  • ライフスタイル 最近初めてのですが何か一体に絞って練習す
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です