ナチスのホロコースト ヒトラーユダヤ人虐殺など自分100

ナチスのホロコースト ヒトラーユダヤ人虐殺など自分100。他の回答者さんも仰るように、ヒトラーが特定のユダヤ人に対して友好的であったという事実はあります。ヒトラーユダヤ人虐殺など、自分100%正い思ってやってか ユダヤ人対する悪意ありか ナチスのホロコースト。,
画像提供第次世界大戦中のナチス?ドイツによるユダヤ人などの大虐殺
ホロコーストについて。イギリスの成人の人に人が「起きなかった」と
考え。人に人が「誇張されている」と考えていることが明らかになった。
だからこそ。私は自分の身に起きたことを共有しようと頑張っている」ホロコーストの生存者が語る。「ホロコースト」とは。第二次世界大戦中にナチス?ドイツが。ユダヤ人などに
対して行った大量虐殺のこと一説には。万人以上ものユダヤ人などが殺
されたこの出来事は。世界がけっして忘れてはならない歴史的事実のひとつ
今日を生き延びることができれば。明日にはきっと自由になれる―― そう自分に
言い聞かせていました」とエディスさんマグダはよく“私はあなたのことを
本当に大切に思っている”と言ってくれましたし。私も“お姉ちゃんのことを

ナチス?ドイツによるユダヤ人絶滅政策の決定時期に関する考察。以上述べたように。ビューランによれば。独ソ戦構想期にすでにユダ ヤ人虐殺を
考えていたとして。そこから実際にユダヤ人虐殺を開始したのが遅すぎる。い
ずれにしても。オーレンドルフの証言を根拠づけるクラウスニックの独ソ戦開始ホロコーストについて。ホロコーストとは。ナチス政権とその協力者による約万人のユダヤ人の組織
的。官僚的。国家的な迫害および殺戮をまた。ホロコーストの時代。ロマ族
ジプシー。身体障害者。一部のスラブ民族ポーランド人やロシア人なども
「と呼ばれる移動虐殺部隊。そして後には武装した治安警察部隊がドイツ軍
前線の後に続いて移動し。ユダヤ人。ロマ族。親衛隊の協力を受け。万人
以上のユダヤ人男性。女性。子供を殺害し。その他にも数十万人を殺害したの
です。

他の回答者さんも仰るように、ヒトラーが特定のユダヤ人に対して友好的であったという事実はあります。しかしそれはあくまでも個人的な付き合いレベルの話で、彼は独ソ戦末期、今にも国が崩壊しそうだという時でさえユダヤ人虐殺に相当な資源?人員?金銭をつぎ込んでいました。側近のボルマンに口述筆記させたという彼の遺言の中には、うろ覚えですが「私は世界からユダヤという病を取り除いた。後世の人々は私に感謝することになろう。」というような部分もあったほどです。ユダヤの選民思想ユダヤ十支族と世界から呼ばれてる日本人は嫌われ者に必ずなります。だって団結してこれほど嫌で嫌いになる民族は存在しないから。ユダヤ人は昔から嫌われていました。それはナゼかと言うと彼らのユダヤ教の教典?タルムードに「ユダヤ人以外はゴイム豚、家畜だと」書かれています。ヨーロッパでキリスト教徒に対して「ゴイム、ゴイム」と凄まじい差別をしており、キリスト教徒から嫌われ、長年迫害されてました。ヒトラーの行った事は絶対に正当化されませんが、ユダヤ人にも問題があったのです。また、近年の研究ではガス室は無かったと言われています。実際の被害者数もかなり少ないとの研究が出ています。実際は餓死と病気だったと思われます。ではナゼ、ガス室や被害者数がねつ造されたのか…それは、彼らが今のイスラエルを建国したいからではないかと言われています。ナチスによる虐殺があったと言えば、今までの迫害は無くなり、イスラエル建国が出来るからではないでしょか?私の考えでは、ヒトラーは虐殺する気は無かったと思います。単に収容所に入れて労働力として使いたかっただけだと思います。犠牲者数ではヒトラーよりもスターリンや毛沢東の方が圧倒的に多いんです。スターリンや毛沢東は自国民を虐殺しています。ヒトラーはドイツ人ではなくユダヤ人です。何度も言いますが、ヒトラーを正当化する気はありません。ユダヤ人に対する感情は、彼もどうも疑問視していたようですが、売春宿をユダヤ人がテキパキと取り仕切るのを見て確信したようです。悪だと。ちなみに、畜産は現代のホロコーストです。すぐにやめるべきです。ノーベル賞作家であるユダヤ人、イサーク?バシェヴィス?シンガーは「動物にとっては毎日がトレブリンカなのだ。」と述べています。種差別の概念を普及させ、動物解放運動畜産廃止等の火付け役になったのは、ピーターシンガーというご両親がユダヤ人の方です。畜産は即時廃止すべきです。※参考畜産廃止のまとめ暫定版Q:種差別とはなんですか?A:合理的な理由なく、種が違うことを理由に、取扱いを別にすることです。良い質問です。 現在では、様々な見解がなされていますがオーストリアの田舎リンツから画家を目指し首都のヴィーンにやって来たときに、ヒトラーはブルジョアという上流階級から赤旗を掲げる共産主義労働者まで、あらゆる地位にある人々がいることを知ります。また、多種多様な民族がそこで暮らしている事も知ります。 特に祖国を持たず、国に入ってきて仕事を奪っていくユダヤ人がロシアで迫害を受け、多くのユダヤ人が移り住んでいました。 彼は結果画家を目指すも美術学校の試験に失敗し挫折します。印象派の絵が主流でしたが、ヒトラーは人物画を描けなかったことが原因と言われています。 彼の後述図書「我が闘争」にあるように、一時期ホームレスになるまで落ち込んだヒトラーは、ユダヤ人に絵を売るも余り買われず、経典の民と呼ばれる商才のあるユダヤ人が汚い金貸しをしていることや、人身売買など極めて悪質な仕業に携わっていることを知り、憎悪を深めていったと思われます。 同時に薄給で働くポーランド人にも、憎悪を深めていきます。そしてナチスの党首になってから初めは「ユダヤ人を我々が嫌う理由」と題して演説を行い、またボリシェビキのロシア人などの共産主義者に洗脳された人々を攻撃しその危険思想を責めあげる事で、民族の憎悪を掻き立て、入党者を増やしていきます。 ただ入党者を集めるためにユダヤ人をスケープゴートにした、というよりはずっと昔からあるユダヤ人の拝金主義を攻め立て、第一次大戦に敗北したのもユダヤ人のせい、と断定します。本心でユダヤ人を嫌っていなければできない激しい演説を行っていました。 それは同時に、ユダヤ人の賢さを知っていたからこそ、彼らがヨーロッパを支配してしまわないか?という恐怖心から噴出したものでもあると思います。 それからは徹底した「民族主義、民族浄化」を旗本にしているものの、時代が後押しした世界恐慌の混乱を利用してこの時は反ユダヤ主義は押さえ、経済復興を何よりも望む国民に対し、強い指導者としての演説の才覚を表し、ドイツで首相まで上り詰めます。 その後、大統領が死去し、その責務も兼務する総統という最高権力者になってから、ユダヤ人への迫害を行っていきます。 元々ナチ党員にはトゥーレ協会という反ユダヤ系統者も多く、結果反ユダヤ主義を進める原動力ともなります。 ドイツ没落の原因となったユダヤ人と考えてはいましたがヒトラーにはユダヤ人の友人もおり、本人も祖父が誰か分からないのですが、金髪の堀深い美しい顔と肉体の「アーリア人」こそが、ドイツそして世界を支配する民族になるべき、との事でユダヤ人をマダガスカル島に移送するつもりでいました。 しかし、戦争が始まってからはそんな余裕もなく、暗黙の了解でヒムラーにユダヤ人を虐殺するよう指示します。特にバルバロッサ作戦によりベラルーシなどロシアモスクワやキエフに侵攻する間、発見されたユダヤ人はSSによって殺されます。 良く、アウシュビッツでのユダヤ人600万人虐殺がとりだたされますが、ここは結構な誇張があり、ユダヤ人を含めた共産党員などが150万人程度殺害された、と変更されており、現在も虐殺はなかったとさえ言う研究者もおり混沌としています。 ただ、ヒトラーが民族のなかで特別にアーリア人の対極として位置づけたのはやはりユダヤ人であり、激しい悪意というか嫌悪感は持っていたと思われます。 ただし、ユダヤ人虐殺というのは結果そうなっただけで、虐殺が正しいと100%思っていた訳でもなく、それよりも欧州から出て行かせる、というのが当初からの考えであったと思われます。ヒトラーは自分を正当化するために毎日ラジオで反ユダヤ宣伝してました。日本でもさんざんやってました。ヒトラーが国際社会から非難されながらもユダヤ人絶滅政策を続けることができたのはバチカンの後押しがあったからです。ピウス12世にとってユダヤ民族も共産主義も脅威だった。ヒトラーに両方叩いて欲しかった。 英国も米国も共産主義が広がるのを恐れており共産主義を排除したいという点でナチスと一致していた。どこもソ連と戦うのは嫌でヒトラーにまかせてた。 結局ソビエトは勝ちバチカンの思うようにはならなかった。ナチスの逃走を手配したのはイエズス会。ナチスの蛮行のバックにバチカンの協力があります。 一方でナチ残党が親衛隊の逃亡を援ける組織「オデッサ」とか「蜘蛛」「帝国」「地下救助」「岩の門」とよばれる秘密組織をつくる。スイス国内だけでも2万戸の隠れ家があった。 秘密組織は、世界中にナチスの入植地を設けた。ナチスの莫大な財宝を資金源にして企業作ってもうけてました。バチカンの協力でナチ残党は南米に逃げました。 大戦末期から終戦直後にかけて、計80億ドルの財宝と15万人のナチス隊員が、ドイツから南米へ移動したという。ユダヤ人から奪うことはごっつあんだからです。 戦争で敗北すると反ユダヤ主義が台頭します。ヨーロッパでは異端審問、魔女狩り、ポグロム、、と金持ちユダヤ人を血祭りにあげて財産金銭奪う歴史が続いてました。また密告して賞金稼ぎする人間がいました。ヒトラーはウクライナの黒土地帯をゲルマンのものにしバクー油田、ルーマニア油田を独占したかった。中央ヨーロッパ最大の鉄と石炭の産地を手にするためにモラヴィアの「ヴィトコヴィッツ製鉄所」が欲しかった。ヴィトコヴィッツ製鉄所のオーナーは????????だった。????人所有のデパート、鉄道、電力会社、ガス会社、映画会社、劇場、病院、歓楽街全部独占してゲルマニアを作りたかった。ユダヤ人の財産独占して第一次大戦で作った負債をなくしたかったんです。??人も50万人殺されてますが特にユダヤ人が狙われたのは金塊持ってたり美術工芸品を持ってたからです。 一番殺されたのはユダヤ人の子供たち。ラビ、神学生です。東欧のユダヤ村は跡形もなくなり東欧のユダヤ文化は消失してしまった。エーゲ海の島々1つ1つをしらみつぶしで回ってユダヤ村を叩き壊し焚書坑儒にした。ポーランドにもギリシャにも古代からユダヤ村があってユダヤ文化をきづいてたんです。ヒトラーはゲルマンの独り勝ちを果たすために周辺国のインテ?層とその家族もアウシュビッツに送り絶滅させました。ポーランド、ギリシャルーマニア、セルビアロシアのインテリ層を。ヒトラーがウイーンで暮らした5年間に経験した反ユダヤ主義。 報道、芸術、文学、演劇に占めるユダヤ人の重み、これは精神的なペストである。ヒトラーの祖父母の時代ユダヤ人はルックスで判別できたのにヒトラー時代になると混血が進んで金髪碧眼のユダヤ人が増えだした。これもヒトラーには気に入らなかった。 19世紀後半になって、ドイツの後発産業革命でパイオニア的役割を果たしたのはユダヤ人だった。ドイツ各地やロシア、ルーマニアに鉄道建設、電気機械、武器、百貨店、陶器銅、メッキ化学工業、繊維業、製油、ドイツ人口の1%足らずのユダヤ人がドイツ資産の7%を所有するようになった。これがまたドイツ人の不満をかきたてた。賢い少数民族は嫉妬からホロコーストされます。少人数の寄留民なのに経済、学問芸術などすべての分野でトップに立ったりすると殺され財産を奪われます。 第一次大戦の時東欧から強制的に連れてきて軍需産業や炭鉱で働かせてたユダヤ人がそのままドイツにとどまりユダヤ人口が増えた。ロシア革命でロシアから逃げてきたユダヤ人やドイツ人でドイツの人口が過密になり住宅事情が悪化した。ドイツ人口の1%足らずのユダヤ人がプロテスタントドイツ人の3?5倍カトリックドイツ人の7倍サラリーを稼ぎ出しドイツ人で失業する者が出てきた。キリスト教成立後、ユダヤ差別はいよいよ深刻になり十字軍異端審問、ペスト禍の時さまざまなデマの犠牲となり拷問にかけられタルムードを焼かれ国を追われ殺された。ユダヤ人は少人数の寄る辺なき寄留民だったしスケープゴートにして財産奪うのにうってつけだった。 狼男はユダヤ人である、、ヘンデルとグレーテルの魔女はユダヤ人であると決めつけた。ペスト菌をばら撒いたのはユダヤ人だとか蒙古襲来のときモンゴルを手招きしたのはユダヤのしわざだとか言い出しユダヤ人は毎度殺された。 20世紀になるとユダヤ人の苦難は絶頂に達した。政治的人種差別反セム主義が定着した。 第一次大戦で敗れベルサイユ条約の過酷な条件に苦しむドイツは不況をユダヤの陰謀だと説きアーリア人種の純血を唱えて国家主義精神に訴えたヒトラーの台頭を許した。ユダヤ人問題の最終的解決。ナチスはユダヤ民族を根絶するためエーゲ海の島々の1つ1つを回り東欧の星の数ほどあったユダヤ村を1つ1つ叩き壊しシナゴーグにユダヤ人を押し込んで火を放った。 帝政ロシアは民衆の不満が皇帝貴族に向かうのを恐れ、不満の矛先をユダヤ人に向けさせ何百年もポグロムさせてた。ユダヤ人は逃げるか改宗させられるか殺された。ロシア秘密警察がユダヤ人虐殺を糊塗するためにロシア正教牧師セルゲイ?ニルスに書かせた陰謀論「シオン長老のプロトコル」を全世界にばらまきヒトラーも愛読しユダヤ人弾圧に利用した。この本が戦前日本でも出版され反ユダヤ思想がばらまかれた。ヨーロッパ文学ときたら。ユダヤ人差別を平然と書いている。 ドストエフスキーの罪と罰。ユダヤ人の金貸し婆さん殺して財産貧民にばらまく。異端審問時代のセビリアの夜。 神々の栄光の火は燃え上がり悪しき異教徒たちを焼き尽くす。「カラマーゾフの兄弟」ボリス?パステルナークの「ドクトルジバゴ」にも当時のすさまじいユダヤ人差別が出てきます。ロシア人たちがユダヤ人をモグラ叩きゲームのモグラにして遊んでた。ユダヤ人の老人にコインを投げ、受け取れないと爺さんの尻を棍棒で叩く。 棍棒で叩きながら大喜びする。爺さんの妻が爺さんを助けようと小屋から出てくるが怖くて近寄れない。孫たちはわんわん泣いている。ゴーゴリの隊長ブーリバ見てもコザックたちがゲーム感覚でユダヤ人をボルガ河に投げ入れて楽しんでた。スペインもロシアもさんざんユダヤ人殺して財産没収してきた。次は自分とこの番です。ヒトラーは考えた。↓ヒトラーとピウス12世ヒトラー個人はユダヤ人を嫌ってはいませんでしたよ。若い時にはユダヤ人の友達もいたし、売れない画家やってたときもユダヤ人の世話になったりしています。総統になってからさえ、かわいがっていたユダヤ人がいたそうですが、「総統、それはまずいです」と進言されて疎遠になったようです。ユダヤ人に対する差別や偏見、迫害は千年以上昔からヨーロッパでは繰り返し行われてきたことで、ヒトラーとしては「ユダヤ人のいないドイツにする」と公約することが選挙に有利だから言っただけのようです。それが本当に虐殺までいったのは、戦争がうまくゆかなくて、ドイツ国民にも餓死者が出そうなほど食料が足りなくなったので、そのしわよせがユダヤ人にいったのです。ヒトラー自身は学生時代のルームメイト、母親の主治医、軍人時代の上官など個人的に親交のあったユダヤ人には終始、友好的な態度を取っています。つまりヒトラー自身は当時の基準では特にユダヤ人嫌いだったのではありません。ユダヤ人迫害はドイツにあったユダヤ人への偏見を利用して支持を獲得する方便だったのですが、それが後に暴走してホロコーストになってしまったのです。ユダヤ人は自国を持たず、過去の間ずっといろいろな国に寄生しました。能力もあったので、おのずとその国を次第に乗っ取るという形になりました。はじめは奴隷にされたので逃げる形でしたが、その後も移動して行った国に溶け込んだり、馴染んでいくということは全くありませんでした。そのことでヒトラーは危機感を持っていたという話も聞きました。悪意なんてありません。ヒトラーは超過激な優勢主義者。生存競争に敗れた劣等民族はドイツ人であろうとこの世に存在する価値は無いと断言しています。

  • よくあるご質問 オンラインでauのスマホに乗り換えたいの
  • 鬼滅の刃が好きな奥様4柱目 と水柱がいってますが炭治郎が
  • 53017 バンクを通じて過去作から連れてきた子は1度引
  • 持てる者と持たざる者 囲い込みというのは持たざる者労働者
  • 修学支援基金 しかし今コロナの影響で多くの大学生がアルバ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です